四街道プレーパーク
どんぐりの森

自分の責任で自由に遊ぶ

四街道プレーパークどんぐりの森は、2016年3月15日、特定非営利活動法人(NPO法人)になりました。
定款

どんぐりの森とは?

四街道プレーパーク “どんぐりの森” は、子どもたちの冒険心や好奇心がいっぱいある遊び場です。千葉県四街道市の里山で、子どもたちと地域の大人が、森の手入れをしながら森遊びをしています。

子どもたちは冒険心や好奇心がいっぱい。プレーパークは、自然を相手に泥んこになったり、木や木の実を使って秘密基地を作ったり、焚き火や工作、ロープ遊びなど、子どもたちが自由に思いっきり遊べる場です。プレーパークは全国に200か所以上あり、地域や行政が連携して子供たちの遊び場を運営しています。

大切にしたいのは「自分の責任で自由に遊ぶ」ことと「自然を大切に」ということです。2004年9月からは和良比の里山を地権者よりお借りし、子どもたちと大人が一緒に森の手入れをし、遊び場をつくってきました。これからも森を守りながら、みんなで楽しい遊び場をつくっていきたいと思っています。

活動予定

森だより 2016年7月 第136号 (PDF)

和良比どんぐりの森

毎週月・金曜日と毎月第1・3土曜日
10:00~17:00

栗山小鳥の森

毎月第1・第3・第5木曜日と第2土曜日
10:00~17:00

出張プレーパーク

毎月第2・第4木曜日

過去の森だより (PDF)

一覧

活動報告 (PDF)

2015年度

2014年度

アクセス