ふと思い出してくれたら

先日のプレーパークで懐かしいメンバーが来て遊んでいました。

よく小学生のころに毎回のように来ていたメンバーだったのですが中学へ進学してからはほとんど来ていませんでした。
でも半年とか一年くらい経ってぶらりと思い出したかのように遊びに来ています。


たまに来るからこっちもうれしい。

めっちゃうれしいからこちらからしゃべりかけるのですがもはや大人な対応なんですね。
「あっこんちには」とか「ハイ」とか返事しちゃったりして(笑)

つい2年まではやんちゃ盛りでそんなこと言われたことないのにとつぜん敬語で話してきたり、声変わりしていてすごいびっくりしたり…。
体格はもう大人。身長もいつの間にか抜かされて…

いやはや子どもの成長ってすごいなって。

なんかあの頃、一緒にめっちゃくちゃして遊んだななんて思い返して今はもうできなくて寂しくなったり、でも大人へ近づいて昔は出来なかった大人な話しができたり、昔はよく遊んだよなぁ…なんて昔話しができたり、プレーパークってほんと面白いところだなって…。

この子たちを見てそう思いました。

なんだか自分の思い出話になってしまったけど、この子たちのようにぶらりと立ち寄って、照れながら話しをしてくれる場所。遊び場でありながら人と接することや友達と集まれる場所。いつでも来られて変わらない場所に昔っから同じ場所でそこにおなじみの人がいて…これが大切なんだなと思います。

この先もずっと続けていきたいですね。

     

コメントを残す

*