小さなカナヘビを

小さいカナヘビを

水に入れてはすくい上げて、木の棒にのせてみる。

手の中で動くのを確認してから次の行動にうつす。

切れたしっぽを慌ててくっつけようとする。

見せてくれるけど、連れて行くのはだめだという。

カナヘビが動かなくなってもそれは変わらず、

他の子たちが水遊びにきてカナヘビの姿を見失うまで何回もすくい上げては放し、

を繰り返す。

カナヘビにはかわいそうなことをしましたが、

彼は彼なりにカナヘビを大事にしていた気がしました。

プレーワーカー メンディー 

     

コメントを残す

*